【建設業】クソ現場における対応について




ども!時にファッショニスタ、時に荷揚げ屋、時に辛口ブロガーのHirooです


Twitterで主に発信活動していますので、興味のある方はお気軽にフォローをどうぞ☆










さて本題



Twitterで割と盛り上がっている #クソ現場祭り (Twitterが開きます)のツイートたちですが、
解決できそうなものもいくつかあるけど、あまり解決方法が提示されてないなーと思って
幾人かと話してみたところ労働環境改善したい人たちからは物足りない感の声もあり、
現場でいい状況を確保したい僕の立場から、自分の実例を一つ挙げて対策まで書いてみたいと思います

それでは、少しお付き合いくださいませませ



本記事の狙い

実際の現場でもTwitter上でもよく見聞きするクソ現場を如何に減らせるかについて、読者がどうすればクソ現場をなくして行けるかを考えられるようになること
※もちろん、全部はなくならないですよ
※考えるきっかけにして欲しいという意味です



それでは行ってみーましょっ



タグ
#クソ現場 #ヒューマンエラー #建設業 #建築 #建設 #故意




一個目


対策まで書いてあるんで、特に僕が書くこともないんですが一つだけ
帰ればいいし、無理な要求は立場関係なく改善させればいいし、そういうお客さんをキープする必要もない
(嫌なことにNoと言える人には一番シンプルで簡単な対応策である)


二個目


仕事の条件とかってよりは、環境面がクソな現場ですね
対策は、監督などに普段から行動させることかな
具体的には
改善要望出す→改善されない→改善されないので急かす→以下繰り返し
って感じですね

クソな状況を改善するには一日にしてならず、です


三個目


これに関する対策も2番と同じ
常日頃から、おかしすぎるポイント(この場合、工事開始が全くできないので手待ちになるし、他の現場を始めるタイミングが難しくなる)を再三再四ツッコミ続けること
あからさまにおかしいと思うことは一発で解決しないことがほとんどです
ですので、常日頃からお客さんと話しましょう
そういうことされると、具体的にうちにもあなたにもこういう被害・損害があるということを常日頃から話してください
相手は人間なので、絶対に通じます
(通じない場合は、あなたが下に見られているだけなので自分の人間性や仕事能力を磨きましょう=何でもかんでもYesと言わない)



2.身の回りのエピソード

さて、ここが一番書きたかったところ
以下の章立てでいきます
(文章力なさすぎでいつも筆が止まるので箇条書きにしました)

2.1.当時の現場状況
2.2.常日頃から取っていた対策
2.3.結果


2.1.当時の現場状況
・今は亡き、Tゼネコンの現場
・トラックは路上に止めて、リフトまで150メートルほど&差し上げ(=半日で大量搬入できない)
・150メートルの間に3~4か所ほど鉄筋が床から生えていて危ない
(差し上げしないルートはトラックから200メートル&幅は1メートル以上あるけど足場板で組んであるので走りにくい=3人工以上の大量搬入の場合、一般的な適正人工の200枚&半日ではできない)
横長マンション&差し上げ&差しろ紙なので、実際には600枚超えてくると半日ではしんどい
・リフトからはボード差し降ろし



2.2.常日頃から取っていた対策
・普段から、おかしな現場の時に交渉すること(言われたことだけする人ではない、という印象を植え付ける)
・逆に、あまりに楽すぎる現場の時はちゃんと「人工減らしていいですよ」と伝える(誠実な商売)
・楽な現場の時の追加作業は進んでするし、きつい時はさっさと追加人工が必要なことを伝える(誠実な商売)



2.3.結果
・常日頃からおかしいものにおかしいという態度が功を奏して追加人工をいただけた
・こちらがおかしいものをおかしいという態度を彼らも学び、「どのフロアも床に鉄筋生えてたり差し上げ&差し降ろしのリフトかつリフトが現場の真ん中についていてトラックを近くにつけられない状況」を元にゼネコンに交渉=荷揚げ人工が通常予算と比べて多くなりすぎるのはボード屋も困る

・結果として、この現場での荷揚げ人工は全部ゼネコン持ちとなった


3.考察(どのように対応を考えればいいか)

日頃の行いが大切ですね
普段、何も言わない人はいいように使えると思われるのは万国共通
普段からおかしいものにNoと言う姿勢が大切です

4.まとめ


はい、まとめです
特に多くは語りませんが、以下です

(工期・スケジュール・単価などが)無理系
→普段からの交渉で工期や単価を確保しましょう
どうしても変わる気のないゼネコンやお客さんなら、つき合いを終了させることも視野に入れて
今はネット社会です
その内悪評が轟きますのでご心配なく


自分が何でもかんでもYesマンになっていないかチェックしてみましょう
考察と被りますが、あなたの普段の行動があなたの環境を作ります
「現場や会社なんか自分が何言っても変わらないじゃないか」って思う人は胸に手を当てて考えてみてください

その会社に居るのはあなたの選択ですよね?
(二つの意味で)付きあう人を変えるのも勇気
所属会社を変えるのも勇気
荷揚げちゃんねるはそんな人を応援しています


5.あわせて読みたい

何度でもシェアしますがこちらです
「最後に」の部分を読んでください
あなたの普段の行動が一番大切です

今日はクソ現場だー、って愚痴りあうも良し
ちゃんとお客さんやゼネコンに対して無理と表明するもよし

なりたい自分と理想の環境はあなたの行動が作ります
参政権ある人投票することと一緒ですよ




余談

今、こんなの見つけました
現場ってストレスを受けている人が多いため、デメリットとか大変さを書いたほうが一般人には通じるのかも
思えば僕の言うこと聞いてうまく行く人っていつも「ストレスフリーで適当に休みとって、、、」とか「荷揚げ屋なのに非力だけど、稼ぎたいでーす」みたいな人だけだ
そういう人間心理がわからなくて(忘れちゃって)、僕はブログ書くのが停滞してるのかもしれないね(反省)







↓建設業ランキングに参加してます
みんながニッコリ笑顔になれるよう発信していきます
励みになりますのでクリックよろりんQ




建設・不動産ランキング




この記事へのコメント

タグクラウド